2022年09月04日

メモ『「利他」とは何か』

rita


「利他」という言葉が気になったので読書。
仏教用語だが、私的には(クリスチャン)キリスト教的アプローチの方がなじみ深い。
印象に残った(分かりやすかった)、伊藤亜紗氏の章のみをメモに。
『「利他」とは何か』 (集英社新書) 

第1章「うつわ」的利他-ケアの現場より(伊藤亜紗)より


●合理的利他主義
利他が自分のためになる。
他者に利することが、結果として自分に利することになる。
情けは人のためならず。

ジャック・アタリの「利他主義」
パンデミックを乗り越えるためのキーワード
みずからが感染の脅威にさらされないためには、他人の感染を確実に防ぐ必要がある

●効果的利他主義
合理的利他主義をさらに推し進めた主義。

ピーター・シンガーの考え。

幸福を徹底的に数値化。
得られる善を事前に評価し、最大になるところに寄付の対象を定める
(同じ寄付をするならどこに寄付するのが効率的か)

●利他とは「うつわ」のようなもの。
相手のために何かをしようとしているときであっても、
自分で立てた計画に固執せず、常に相手が入り込めるような余白を持っていること。


cf. 鷲田清一
ケアというのは、「なんのために?」という問いが失効するところでなされるもの。
(条件なしに、ただ受け入れること。)


●利他の他は人間だけに限らない(自然とか)


neco5959 at 19:56|PermalinkComments(0)本の紹介 

2022年04月15日

小学生がパン屋の広報をする

地元(座間市)のパン屋、オジパンに行ったら、
パンが並ぶ壁に「まちたんけん~もっとなかよしまちたんけん~」という貼り紙があって、
子どもらしい文字で壁新聞をラミネートしたようなものが数枚貼り付けられていた。

コロナ感染予防もあるので、ずっとそこで読み続けられないと思ったので
「よく読みたいので写真を撮らせてください」と言って写真を撮らせてもらった。
ブログに貼るのは、小学校の許可なども必要になるだろうと思ったので、
ここには載せないが、子どもの文字らしい文字(鉛筆で書いたらしき手書き)。

タイトルは
「そうなんだ!オジパンのうら」
「オジパンビックリニュース」
「そうなの!はじめてしったオジパンニュース!」
「はじめてしったパンやのうらがわ」
「オジパンのひ・み・つ」

内容は
実際にパン屋でインタビューしたものを班ごとに記録をしてまとめたもののよう。
「オジパンは2012年5月にできたそうです。
お店は10時~夜7時までやっているそうです。
4時30分におきて5時30分からしごとをはじめているそうです。」
(オジパンのひみつ)

という具合。

そのほか、
・店の名前の由来
・パンの種類の数
・人気のあるパン
・従業員数
・1日で作られるパンの数
・パンのオーブンの形
・パンが作るのにかかる時間
・パンの値段の決め方
・パンの作り方
・パンを作るとき大切なこと

などを聞いていましたが、
中には自分の感想も入ってしまう作文チックになるものもあり、
先生がやりたいことから少しずれてしまったらしきものも。

ですが、子どもたちの見学の成果を取材先が貼ってくれるというのはいいですね。
まさに子どもたちによる、地元のパン屋の魅力を伝える、広報媒体になったわけですから。
願わくば、もう少し大きくコピーしてほしかったなぁ。
これがGIGAスクールでスキルアップすると、壁新聞ももう少しバージョンアップするだろうか。cooking_pan_syokunin_woman




2022年04月05日

複数拠点に身を置くということ~神奈川と鹿児島

コロナ禍で発見したり、スタートしたりしたことがいくつかあるが、
その一つが、2拠点の生活。

一つの拠点は、自分が起業をした会社の所在地である神奈川県座間市だが、
もう一つの拠点は鹿児島だ。

sakurajima
(鹿児島市から桜島。2022年3月6日撮影。)


これは自分自身で選択したのではなく、結果としてそうなりつつある。

つまり会社の共同経営者が家族の都合で、出身地の鹿児島に戻らなければならなくなり、
ほぼ鹿児島で定住を余儀なくされたのがきっかけ。
当初はこれほど2拠点での事業活動を展開するとは思わなかったが、
おかげさまで今では2拠点での仕事が入ってきている。

コロナ禍でかなり慣れたが、オンラインでの会議で、内外と意思疎通が取りやすい。
とはいっても、国民的な祝日が続く長期休暇のタイミングをとらえて
動きやすい私が、鹿児島に出張をすることにしている。
約3カ月くらいおきだろうか。

私自身は神奈川県出身で、親戚も関東に固まっているので、
こんなことでもなければ、鹿児島に何日も身を置くということは考えられなかった。

3.11頃から、他のエリア(東北)を意識することが増えたとはいえ、
1週間以上、関東以外で、同じ土地にとどまった経験はなかった。

コロナ禍であるので、鹿児島に行ってもあまり観光をすることもなく
ただ、周囲の自然・気温や、食べもの、店員さんの話のイントネーションの違い、
クルマがないと不便だとか、都会のようには本・雑誌が手に入りにくいことなどを感じる。
そして、歴史の違い。

いずれにしても、これまで帰省の経験もなかった私としては、とにかく新鮮な体験で、
ともすればコロナ禍であまり遠出をしなくても生活できる状況において、刺激になっているし、
地方と都会の様々な差を感じるきっかけになっている。
プラスも、マイナスも。

どちらが好きとか嫌いとか、そういうのは言い切れないが、
良い気分転換になっていることは確かである。
それぞれの土地にいる自分の気持ちをしばらく眺めてみたい。

neco5959 at 00:01|PermalinkComments(0)つぶやき | 鹿児島