「広報会議」2017年12月号 大学広報担当者必読!大学改革だって同じーエキナカ事業を成功させた鎌田さん

2017年11月23日

久しぶりに、東日本震災のことを考える「てつがくカフェ」

171118cafe

11月18日(土)午後は、アーツ千代田3331で、久しぶりの、てつがくカフェ。

2016年5月まで、2年ほど、てつがくカフェ@せんだいカフェの流れをひいて、
東日本大震災に関して、考え、対話する、てつがくカフェを東京で開催していたが、
諸事情で、無期限休止となっていた。
てつがくカフェ@せんだい×とうきょう

今回は、「波止場てつがくカフェ」の運営者からご案内をいただき、参加した。
今回は、いわゆる「震災文学」の著者を招き、その本について、対話するという趣向。
東京で、震災を考える対話。

震災を考える、対話カフェは、決して楽しいものではない。
行った後の爽快感は、あまりない。
ただし、必ず、あらたな発見はある。

てつがく的ではない、感情論であるが、
正直に言って、東北の被災状況を見ると、
関東にいて、東日本大震災を”被災した”などとは、言ってはいけないような
引け目のようなものさえ感じている。

そういう立場で、東京から、震災を語るとは、何か上から目線のような、
全く被災地に「寄り添う」立場からかけ離れている行為であるようにも思う。

思いや考えの浅さが、対話ににじみ出る。
それでも、語るべきだと考えるのは、自分の人生で避けて通りえない出来事だったから
なのかもしれない。

わからない。



さて、今回の読書会+対話カフェ。

志賀泉さんの短編『花火なんか見もしなかった』(吟醸掌篇 vol.2所収)を読んでの感想から、
てつがくカフェ。
『花火なんか見もしなかった』は、
小学校を卒業する日に被災し、自分の根っこを断ち切られてしまった福島の少年少女たちの物語。
福島は、南相馬の小高地区が舞台となっている。

志賀さんは、福島の小高地区のご出身で、現在は関東に住む。
福島で、原発避難区域にされて、最近避難解除になったエリアに住む人たちの思い。
元住民は、大震災に続く、原発の爆発の故に、自分たちの生活は一変してしまったのだが、
一方で、原発のおかげで、自分たちの街を支えられてきた歴史もあるわけで、憎みきれない。
沖縄の基地の関係と同じだ。

それは、子どもも同じ。
志賀さんに、この少年少女(高校生)が登場する短編について、取材をどのように行ったのか
読書会で、私は聞いてみた。
「直接、高校で高校生に話を聴くと、とてもよいことを言う。
ただ、本当にそれが本音なのか?と疑問に思う。
仮設住宅の裏で聞こえる声とか、トイレで話されている声の端々の方が、
本音のような気がして、そこから話を作っていることがある」

というようなことを言われていた。
確かに、福島の復興エリアに新設された高校で、生徒が語った本音が本当なのかは、
いぶかしい、、、

前職で、被災地の子ども支援の小冊子を編集・発行し続けた関係で、
被災エリアに取材を続けていたが、
改めて、自分自身は、本当に被災地や子どもたちに寄り添っていたのか?
「てつがくカフェ」以前に、自分の過去と対話するような、3時間であった。




『花火なんか見もしなかった』(吟醸掌篇 vol.2所収)感想。
福島の小高地区の高校生の複雑な思いが書かれている
重いストーリーである。

この短編について、関東の読者が語ってよいのかとまどう。
いじめ、自殺、被災地のポケモンGO、死者との問題、
そして、東日本大震災、原発、賠償金、高校の先生の立場など、
様々なキーワードが、津波のように押し寄せてくる。
最後のストーリー展開が秀逸。




neco5959 at 00:21│Comments(0)本の紹介 | 対話カフェ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「広報会議」2017年12月号 大学広報担当者必読!大学改革だって同じーエキナカ事業を成功させた鎌田さん