つぶやき

2019年03月21日

業務と業務の狭間ーニッチな案件の対応について

illust4006

下記ツイートが、私にしては結構インプレッション数が多かったので、
前職で、大学広報の部署が長かった経験から、書いてみる。


だいたい、大学の「広報」というのは、大学の「窓口」であるので、
いろんな人からいろんな話が、飛び込んでくる。
もしかしたら、「企画の部署」とか、かもしれない。

学内(教員から、他部署の職員から、学生から)
学外(高校、地域住民、自治体、同窓会、取引先、他大学、メディア)
問合せが来るのはしょっちゅうである。

ただ、やっぱり、広報は、きれいに割り振れないような、
もっというと、他部署では受けたくないような、過去に事例がないような問合せや
依頼が降ってくるのも確かである。

特に震災を過ぎたあたりから、そういう案件がぐっと増えた気がした。

それは、「広報」の部署だけで済む話でないこともあり、
協力を他部署に依頼する場合もあるのだが、その時の態度が非常に冷たいことがよくある。
”業務範囲なのに押し付けられた-”という吹き出しが見えるような。

飛び込み案件だけではない。
特に、地域連携関係の案件なんて、地域連携部署ですべて対応できるわけではない。
総務、就職、広報、教員も絡む。
地域絡みの案件であれば、イベントが、アフター5なんて、よくあること。

でも、想像力を働かせれば、
当然、地域活性化につながることはもちろん、
大学のメリットとしては、
学生の教育の場、就職先、もしかしたら受験者の確保にもつながるかもしれない。
競合先の大学の最新動向を教えてくれるかもしれない。
お互いのメリットを考えながら、行動をすることで、見えてくるものがある。
まさに「パブリック・リレーションズ」である。

私自身は広報の専門職だったが、部署のローテーションは、本来はそういうところで、
様々な経験やスキルが生きるときがあるのではないか。

(そういう意味では、「広報」スキルやマインドは、他部署にいったときにも
大いに生かされるべきだと思うのだが、
一般的に言って、別部署に元広報職員が異動すると、急に情報発信をしなくなる場合が多い。
「お前が言うな」って、いうことなんだろうか。)

これらは、従来のサービスに当てはまらない
隙間や、ニッチなところから発生している案件なんだろう。
それが増えてきたということは、そこが新しい時代の萌芽かもしれないし、
早く気づくことで、本当は、他の大学、団体を先んじることができる。

物事は「現場」で動いている。





neco5959 at 23:32|PermalinkComments(0)

大学職員は取引先企業を「業者」と呼ぶのを辞めるべき

pose_mesen_uekara_man
大学職員は、取引先企業や、大学に関わる企業の方を「業者」と呼ぶことが多い。
20年間いた経験でいうと、「業者」にまつわる雰囲気は、
「上から見下ろしている感」をいつまでも感じた。

ずっと、前職の「大学職員」であるときから思っていた。
私自身が、「大学職員」を卒業して「株式会社」を起業したから言うわけではない。

私自身は専門職として、広報の部署に在籍していたが、
徹底して、「サポーターズ」と呼ぶことにした。

実際、商談のなかで、よいアイディアを出してもらうことがあったり、
困っているときには、アドバイスをいただくこともあった。
サービスよりも、その担当が持ってくる「情報」が貴重だったりすることもよくある。
そのアイディアやアドバイスが、その会社のサービスに直結していることもある。

(逆に、こちらが、担当に「こんなサービスやったらどうなの?」といったことで、
その担当者の立てた企画がヒットし、社長賞をもらったということもある。
もちろん、すごくありがたがられた。)

もちろん、サービスを受注できそうなときだけに、急に親しくなってくる会社もある。
自社のサービスと全く関係なければ、スルーする会社もある。
でも、会社はボランティアではないから、ある意味仕方がない。

でも、特によく関わる会社には、プロとしてのリスペクトを払うことで、
関係がよくなることは間違いない。
だいたい、反対の立場にいたら、どう思うのか、想像してみたことがあるのだろうか?

たとえば、大学案内のコンペで負けた会社に対して、職員は誠意を持って接しているか。
会社にとっては、特に小さめの会社にとっては大赤字である。
帰社して、どんなことを、上から言われるだろうか?

もちろん予算があるわけだし、営業に来る会社に、よい顔ばかりできない、
どうして、そのサービスを発注できないのか、説明できないとならない。
(もちろん、いつも説明するべき、ということではない)。

だいたい「業者」と呼ぶ、大学職員はどれほどの人間なのか?
「大学」という組織の人間ではないのか。

それは本当は「教員」も同じ。
本当に、素晴らしい業績の教員もいるので、「下」に見る気持ちになるのかもしれないが、
そこをフォローするのは、職員でもある。

大学に関わる「会社」は、立派なステークホルダーである。
また、その人が、学生の、就職先の上司かもしれないし、
未来の、受験生の保護者になるかもしれないし、
その人自身が、大学院の社会人学生になるかもしれない。
ここから、「ファン」づくりは始まっていると思うべきである。


neco5959 at 22:10|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

広報=Love me!

pressrelease2-768x490

大学でありがちなのが「広報」と「広告」をごっちゃにすること。

「広告」=Buy me
「広報」=Love me

だし、結局は、Buy me(たとえば、出願して)もらわないと、、
というギロンになりがち。
大学によっては、広報も広告も部署も同じだったりして、なおさら混乱する。

今回は「広報」の話。
2020年度以降の入試制度変更をはじめ、
矢継ぎ早に、改革を進めている大学も多いはず。
広報で発信するべきネタ(情報)が沢山ある(はず)。

近大が年間577本プレスリリースするそうだが(今ネットに掲載されている)
大学の規模でそこまで行かなくても、大学は情報の宝庫のはず。
Love me 情報発信のキホンはプレスリリース。

【計画】
・いつ?ースケジューリング大切。特に季節モノ。
・なにを?ネタを学内のどこから探すのか?学内人脈?議事録?
・どこをめがけて?ー地方局ネタ?中央ネタ?
・だれが書く?ー全員が書けるようになったほうがいいよね

【うまくなる方法】
入試の小論文と同じで、書いて添削を受けないとうまくならない。
リリースを出して、マスメディアに取り上げられるのはどんなリリースなんだろう、と考える。
定形的なもの(人事関係、訃報)などは雛形を用意・利用する。
他大学で書かれたリリースを見る。
記者と仲良くなる。
(よく考えたら、記者もヒトだし、組織人なんだよね、と考えると気持ちが少し楽になる)


【拡散する方法】
web掲載、SNS拡散、メディア掲載、口コミ・・・etc


広報は、華やかそうに見えるが、とても地味な作業。
でも、”Love me”の行為を続けると、
行動の一つひとつや、
人との会話も、
「広報」につながらないかな、と思うようになるはず。

ということで、「学校広報スキルアップセミナー」を12/13(木)開催。
広報担当でなくても、学校職員は全員受けるべき!と、私は思っている。
(本当は、教員だって同じ。)
学校の職員が、広報マインド(広報魂)を持っていたら、
様々なステークホルダーとの接し方も変わる。
人との関わりも、ある意味「情報発信」だから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■学校広報スキルアップセミナー<初級編>
◆日時 2018年12月13日(木)13:30-16:00(開場 13:15)
◆場所 アルカディア市ヶ谷7F 白根 (東京都千代田区九段北4-2-25)

◆プログラム
〇学校広報スキルアップセミナー<初級編>
-プレスリリースによる情報発信の強化」
情報発信の強化に向けて(誰に、何を伝えるのか?)/情報発信強化の基本ポイント/マスメディア向け情報発信(記事になるための情報発信とは?プレスリリース・取材・メディアリレーションの作り方)/複合的な情報発信の強化/戦略的PRを目指して
講師: PRクエスト株式会社 広報コンサルタント・代表取締役 菊池泰功

〇広報個別相談会:1校10分程度の相談が可能。

詳細はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



neco5959 at 19:22|PermalinkComments(0)

2018年05月31日

法人の初確定申告終了!

昨年12月に起業した、我が社だが、決算月を3月にした関係で、
5月末が確定申告期限だった。

終わった!!!

会計ソフトfreee に助けられたが、
根本的な仕訳の仕方など、もう少し勉強しないと 汗

過去の経歴でSEの新入社員だったとき、
経理システムで総勘定元帳の帳票とか作った記憶があるけれど、
テストデータも大きな数字すぎて、なんかピンとこなかった。

前職では、税理士試験の科目免除が可能となる
大学院の研究科募集をしていて、税理士さんの卵となる方の
相談にそれなりに乗っていたけれど(相談者として適当かどうかは別問題)
税理士の役割や何が重要なのかをやっと実感しつつある。

OJTにまさるものはないですね。


neco5959 at 23:40|PermalinkComments(0)

2018年05月13日

しあわせであることの条件

実は、ブログ歴は、比較的古くて、2004年2月から始めたのだった。
ねこブログ

で、その頃「スロー・ライフ」「スロー・フード」の考え方に大変共感していて、
(というか、憧れていて)そういう記事や本を読んでいた。

で、昨年、神奈川県央に引っ越し、起業したので、
前の仕事よりは「スロー・ライフ」を目指せないこともないな、と思う。
でも、起業したからには、まずは損益のバランスは取ることは目指したい。

だが、下記のサイトに出会ってしまったので、一応メモ。

お金を稼ぐために働かない勇気を持て!
サティシュ・クマールが考える、ローカル経済を実現するために必要なこと


サティシュ・クマールさんは、
スモール・イズ・ビューティフル』の著者として知られる
経済学者E・F・シューマッハー、とガンディー、タゴールらの思想を
引き継ぐ大学院大学「シューマッハー・カレッジ」を創設した方。


「しあわせ」であるためには3つの条件があります。

一つ目、“過去“のことを、くよくよしないこと。
二つ目、“未来“を信頼すること。
三つ目、“現在”をお祝いすること。

そして、「2本の手」があることをお祝いしましょう。

「2本の手」を、スマートフォンだけに使うな、と言っている。

これは、インドの人の言葉だけれど、
スマートフォンの利用頻度はさておき、
いまの平成の若者の方が、スローライフ志向のような気がします。

平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査
ソニー生命調べ/平成生まれの男女500名と昭和生まれの男女500名にアンケート

(PRTIMES配信 ソニー生命保険会社 プレスリリース)

IMG_5540
(相鉄線・かしわ台駅近く)






neco5959 at 23:36|PermalinkComments(0)