つぶやき

2022年04月15日

小学生がパン屋の広報をする

地元(座間市)のパン屋、オジパンに行ったら、
パンが並ぶ壁に「まちたんけん~もっとなかよしまちたんけん~」という貼り紙があって、
子どもらしい文字で壁新聞をラミネートしたようなものが数枚貼り付けられていた。

コロナ感染予防もあるので、ずっとそこで読み続けられないと思ったので
「よく読みたいので写真を撮らせてください」と言って写真を撮らせてもらった。
ブログに貼るのは、小学校の許可なども必要になるだろうと思ったので、
ここには載せないが、子どもの文字らしい文字(鉛筆で書いたらしき手書き)。

タイトルは
「そうなんだ!オジパンのうら」
「オジパンビックリニュース」
「そうなの!はじめてしったオジパンニュース!」
「はじめてしったパンやのうらがわ」
「オジパンのひ・み・つ」

内容は
実際にパン屋でインタビューしたものを班ごとに記録をしてまとめたもののよう。
「オジパンは2012年5月にできたそうです。
お店は10時~夜7時までやっているそうです。
4時30分におきて5時30分からしごとをはじめているそうです。」
(オジパンのひみつ)

という具合。

そのほか、
・店の名前の由来
・パンの種類の数
・人気のあるパン
・従業員数
・1日で作られるパンの数
・パンのオーブンの形
・パンが作るのにかかる時間
・パンの値段の決め方
・パンの作り方
・パンを作るとき大切なこと

などを聞いていましたが、
中には自分の感想も入ってしまう作文チックになるものもあり、
先生がやりたいことから少しずれてしまったらしきものも。

ですが、子どもたちの見学の成果を取材先が貼ってくれるというのはいいですね。
まさに子どもたちによる、地元のパン屋の魅力を伝える、広報媒体になったわけですから。
願わくば、もう少し大きくコピーしてほしかったなぁ。
これがGIGAスクールでスキルアップすると、壁新聞ももう少しバージョンアップするだろうか。cooking_pan_syokunin_woman




neco5959 at 02:09|PermalinkComments(0)

2022年04月05日

複数拠点に身を置くということ~神奈川と鹿児島

コロナ禍で発見したり、スタートしたりしたことがいくつかあるが、
その一つが、2拠点の生活。

一つの拠点は、自分が起業をした会社の所在地である神奈川県座間市だが、
もう一つの拠点は鹿児島だ。

sakurajima
(鹿児島市から桜島。2022年3月6日撮影。)


これは自分自身で選択したのではなく、結果としてそうなりつつある。

つまり会社の共同経営者が家族の都合で、出身地の鹿児島に戻らなければならなくなり、
ほぼ鹿児島で定住を余儀なくされたのがきっかけ。
当初はこれほど2拠点での事業活動を展開するとは思わなかったが、
おかげさまで今では2拠点での仕事が入ってきている。

コロナ禍でかなり慣れたが、オンラインでの会議で、内外と意思疎通が取りやすい。
とはいっても、国民的な祝日が続く長期休暇のタイミングをとらえて
動きやすい私が、鹿児島に出張をすることにしている。
約3カ月くらいおきだろうか。

私自身は神奈川県出身で、親戚も関東に固まっているので、
こんなことでもなければ、鹿児島に何日も身を置くということは考えられなかった。

3.11頃から、他のエリア(東北)を意識することが増えたとはいえ、
1週間以上、関東以外で、同じ土地にとどまった経験はなかった。

コロナ禍であるので、鹿児島に行ってもあまり観光をすることもなく
ただ、周囲の自然・気温や、食べもの、店員さんの話のイントネーションの違い、
クルマがないと不便だとか、都会のようには本・雑誌が手に入りにくいことなどを感じる。
そして、歴史の違い。

いずれにしても、これまで帰省の経験もなかった私としては、とにかく新鮮な体験で、
ともすればコロナ禍であまり遠出をしなくても生活できる状況において、刺激になっているし、
地方と都会の様々な差を感じるきっかけになっている。
プラスも、マイナスも。

どちらが好きとか嫌いとか、そういうのは言い切れないが、
良い気分転換になっていることは確かである。
それぞれの土地にいる自分の気持ちをしばらく眺めてみたい。

neco5959 at 00:01|PermalinkComments(0)

2022年04月03日

記録をするということ

前職で学校の広報を担当していた時は、当然仕事としてイベントの記録は様々な形で行ってきた。

だが自分のことは、かなりおざなりだ。
小さいころは、親が写真を撮ってアルバムを作ってくれたが、
学生時代や若い頃はあまり写真に撮られるのが好きでなかったし(うまく写る自信がなかった)
独身だったりすると、家族写真があまり多くない。

さて、2021年は座間市制施行50周年だということで、思い出の風景の写真を募集していたこともあって
自分のアルバムをみると、自分の写真はあっても周りの風景が分かるものは本当に少ししかない。

小さい頃、自分の家の隣は、和菓子屋だった(今は普通の個人宅だ)。
南の向かい側の家は、米軍の将校クラスの家族が住む広い庭付きの一戸建て住宅だった。
(いまは普通のアパートになっている)

小学生のころ、自分の家の前は、桑畑が広がっており、平屋の貸家が並んでいた。
その貸家のうちの一軒にピアノ教室があって、私たち姉妹でそこに通っていた。
(1980年代前後は、子どもはピアノと書道とそろばんを習うのがブームだった)

少し歩くと、小さいショッピングセンターや個人の八百屋、クリーニング店があったが今はない。
よく遊びに行った公園には、木登りをよくした木があったが、今は全くない。
それらのいろいろな思い出の場所についての写真が、驚くほどない。。

今は、スマホでみんなが写真を撮る時代になった。
いつでも撮れるのだが、どこかに遊びに行った特別な風景や、
誰かと一緒に過ごした出来事や、食事が撮影される。

それはそれでいいのだが、
近所や身の回りの写真も記録されると、
いろいろな記憶が一緒によみがえってくることも多いし、地域の記録にもなるだろう。
そういう意味で、google map に投稿する写真などは、長い目で見ると貴重な記録になるのかもしれない。
277169608_4897453486989727_1957685406401871498_n

座間市立東原小学校の正門脇の桜並木(2022年4月2日撮影)




neco5959 at 23:57|PermalinkComments(0)

2022年03月10日

JR高槻駅カフェside trip

関西出張、JR高槻駅の中央改札口付近で待ち合わせ。
また昼食がてら、改札口近くのカフェに入る。
平日昼だが、あまり混んでいなく、高齢の方が数名。IMG_9988


昼食といってもあまりお腹がすいていないこともあり、
おススメのパスタではなく(これにも心が動いたのだが)、クリームシチューのセットをオーダー。
すぐに出てきた。

IMG_9992

家庭料理風の、ほっとするようなホワイトシチュー。
トーストした半分の食パンとサラダが付く。
(コーヒーのセットメニューにもできるようだが、朝に濃いコーヒーを飲んだので今回はパス。)
3月上旬、少し肌寒い日だったので、心も温まる。

高槻駅は大きい駅なので、いろいろ店もあるのだと思うが、
勝手がよくわからない者にとっては、改札口近くのカフェは心強いですね、やっぱり。

IMG_9989



neco5959 at 23:10|PermalinkComments(0)

2020年01月28日

朝日新聞・河合塾の学長アンケートは何が狙いなのか

ちょっと、朝日・河合塾による大学アンケートにムッとした。

以下が、朝日の記事(2020年1月27日配信)


(ひらく 日本の大学)「私大が多すぎる」学長も懸念 朝日新聞・河合塾共同調査


学長に尋ねると、3分の2が「私立大が多すぎる」と答えた。

朝日・河合塾は、このアンケートでどういう結論を導きたいのでしょうか。
何にこのアンケートは使われていくのでしょうか。。
学長もみんな、言っている「私立大学、減らしたほうがいい」って。
今年も定員超過抑制で小規模の私大が結構志願者数が増えているのに。

政府のアンケートにもみえてしまう。

しかも、続く設問の回答...

私大の数を「多い」と考えている大学は、入学定員が3千人以上の大規模大は80%に達するなど、規模が大きいほど多い。(中略)

調査では各大学に、今後5年程度の間に、全学年の学生定員について増減させる予定があるかも尋ねた。(中略)

一方、「増やす・増やす方向で検討中」も18%あり、特に私大は21%に達した。私大が大半を占める入学定員3千人以上の大規模大は24%、大都市圏の大学は22%が増員を検討していると答えた。首都圏への学生の集中を是正するため、政府は東京23区の大学の定員増を抑制しているが、都内の大規模大の増員意欲は依然として強い。


大学の数は多すぎで、大規模大学は定員を増やしたいという。
結論は
「小規模大学は厳しいね」
「首都圏の大きい大学は定員を増やして生き残るっぽい」でしょうか?

河合塾は、予備校だから、立場的にそうかもしれませんが、
朝日さん、大学、特に小規模大学にこういうスタンスって、
あんまりじゃないでしょうか。
あなたも、国公立はさておき、地方の小さな私立大学はいらない、といいたいですか?




neco5959 at 16:24|PermalinkComments(0)