AI

2018年11月28日

統計教育を考える

IMG_6372

昨日(2018/11/27)、東京医療保健大学で、医療情報を教えられ、
統計教育を研究される深澤弘美先生を、訪問しました。

弊社の取り組むプロジェクトには、ベイズ統計学を大学カリキュラムに大胆に取り入れる、という試みがあるのですが、その前に、初等、中等教育において、既にデータの扱いや統計の学びが、日本は遅れているのではないか、という危惧がありました。
ということで、ご専門の深澤先生に状況を伺った次第です。このような話が出ました。

・統計教育について、日本はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、中国、シンガポールなどと比較して、学ぶタイミングが遅いこと。
(新学習指導要領では、統計カリキュラムが多少充実したが)

・日本では、従来統計があまり重視されておらず、初等中等教育では教員が統計を教えるスキルや、教材がICTを含めて不足していること
(最近は情報の科目と連携して、取り組む動きである)
→現場の先生方に、重要性を働きかけているとのこと。

・企業では、統計の大切さに気づく動きがあり、統計検定などの受検者が出てきている

【感想】
私自身、数字を、自称文系という社会人が避ける姿を度々見てきました。
今年の3月に、高校生の統計授業の資料を作りましたが、数学の問題を解くとか、そういう以前に、手を動かしてデータを作るとか、調べるとか、そういう教育から始めた方がよいような気もしています。
簡単な解決はできませんが、見過ごすことのできない日本の教育の課題のひとつです。


neco5959 at 16:45|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

データサイエンティストの育成に思う

180302shiga

3月2日、

日経ユニバーシティ・コンソーシアム   データサイエンスが拓く未来フォーラム2018


に、午前の部に少しだけ参加。

第1部「データサイエンス~産学連携教育研究セッション」


大手町フィナンシャルシティ カンファレンスセンター・ホールで、

定員350名の事前申込制だったが、ほぼ満席。


主催が、滋賀大学と日経新聞社ということもあり、

滋賀大学データサイエンス学部の大規模プロモーション・イベントである。

ざっと参加者の顔ぶれをみたが、企業の参加が大部分のようだった。


企業側のニーズももちろんあるだろうが、
一番初めのデータサイエンス学部ということで、

国の予算の考慮もされやすくなっている結果、ホームグラウンドでなくても

このような満員御礼の集客につながっているのだろう。


滋賀大学は、そもそも、経済学部と教育学部しかなかった。
そこを特色化させようとして、「データサイエンス」を立ち上げたのだと思うが、
よく”滋賀”からスタートできたなぁ、というのが素朴な感想。

2015年の記事になるが、ダイヤモンドの記事で、当時の学長、佐和隆光さんの
統計学の日本歴史が詳しい。

大学は職業訓練校になるべきか?
文科省がいう「真の学力」とは何なのかを追求し
滋賀大学がデータサイエンス学部を新設する理由
佐和隆光氏×坪井賢一対談(後編) 2015.9.18


ビッグデータ時代といわれるのに、日本の大学には統計学部や統計学科が一つとして存在しないのです。なぜかというと、明治維新後、日本が高等教育制度を整備するにあたり手本としたドイツの大学では、統計学講座が経済学部の中にあったからです。統計学は、社会・経済統計を研究対象とする実体科学であり、国勢学に他ならなかったのです。

 旧帝国大学の法科大学から経済学部が分離したのは1919年のことですが、もともと法科大学の中に統計学講座が設けられており、経済学部が分離後、統計学講座は経済学部にうつされました。ミュンヘン大学に留学後、法科大学統計学講座の助教授に就任した高野岩三郎が主導して、1931年に日本統計学会が創設されました。蜷川虎三さん(京都大学経済学部の統計学教授、元京都府知事)のような日本共産党系の講座派と、有沢広巳さん(統計学者、元東京大学・法政大学教授)のような労農派との、マルクス主義統計学者間の対立もありました。


1940年代に入ると、主としてイギリスで開発された推測統計学が日本にも移入され、1941年に統計科学研究会が創設されました。統計科学は、統計学とは別物扱いされていたのです。(略)

 その後は、経済学部の統計学も計量経済学に置き換わり、日本統計学会に推測(数理)統計学者が加入するという異変が、1960年代初め頃に起こりました。1960年代後半に、大学の工学部に統計学科を、大学院の工学研究科に統計学専攻を設けようという試みがあったのですが、お話ししたような歴史的な背景が障害となって、実現しないまま今日に至っています。そのため、日本の統計学者は分野点在型に散らばっているのが現状なのです。

滋賀大学が「データサイエンス学部」を作れる理由について、下記のように述べている。

仮に総合大学でデータサイエンス学部を作ろうという機運が盛り上がっても、経済学部、工学部、理学部などの間で主導権争いが繰り広げられることになるでしょうね。理学部が主導すれば、ルベーグ積分のように高度な数学を修めた上で確率論をやり、統計学に降りて来るといった具合になり、データと馴染む機会が少なくなる。工学部が主導すれば、コンピュータサイエンスに重きが置かれ、既存の情報工学科や数理工学科と差別化しにくくなる。経済学部が主導すれば、これまた片寄りが生じてしまう。自然や人間がらみのビッグデータを扱えるデータサイエンティストを養成できなくなる。

 総合大学でない滋賀大学だからこそ、学長のリーダーシップの下で統計学と情報学の適切なバランスのとれた学識、そして各種領域科学とのコミュニケーション力を備えたデータサイエンティストを養成する学部を創ることができるのです。


滋賀大学は、ひとまず2017年4月にできて、1年生は定員100名のところを110名と
ひとまず、募集はうまく行っているようである。
「文理融合」を目指すというが、
今、やはり企業がほしいのは、大学数学の基本は押さえつつ、
社会、経済、マーケティング等の知識も持っていて、
コミュニケーションもできるデータサイエンティストだろうなぁ、、と思う。

ただ、本当に滋賀大学の教育やカリキュラムの方向性で、
本当に企業に活躍する学生が輩出できるのか。
いち早く社会に貢献するなら、大学院から作ってもよかったのにね、とか思う。
(2019年4月にできるそうですが。)
日本は、この分野の人材育成が、本当に遅れているわけなんだし。

いま、教育熱心なのは中学、高校なので
「データサイエンティスト」育成コースとか、
やっちゃってもいいんじゃないか(N高校はその走りかな)
などと、つらつら思いながら帰宅。

追記:データサイエンティスト育成は、ポスドクの人材活用対策にもなっているようですね

「データ・サイエンティストがビッグデータで私たちの未来を創る」(樋口 知之)
(「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE))





neco5959 at 13:06|PermalinkComments(0)

2018年02月04日

品女の漆校長から学ぶ~これから必要な「復職力」「複職力」

現代ビジネス広告の漆紫穂子、品川女子学院校長の連載記事より

奇跡の学校改革を遂げた校長が「日本には女子校が必要」と訴える理由」より。


そのような中で見えてきたのが、「日本は、先進国の中で珍しいくらい女性が活躍していない」という現実でした。
(中略)
しかし、このような現実を国や職場のせいにしても仕方がありません。出産や育児などでキャリアが中断しても、望めば元の立場に戻れるように、早いうちから準備をし、資格や専門性など「復職力」をつけておきたい。女子にこそ「未来から逆算した教育」が必要なのです。

漆校長も子どもがいないが、私も独身。
だからキャリアが途切れないで来たけれど、
女性はもちろん、男性だって、「復職力」が必要。

病気、介護で長期に休まなければならないときがある。
いろんな事情で、職場を辞めなければならないかもしれないし、
辞めなくても、急に給料が大幅ダウンということだってありうる。

もちろん、公的機関が、それらをケアするような国家になってほしいのは山々だけれど
この赤字大国で、人口減少の進む日本に、「福祉」の充実が本当に進んでいく気配は
全くない。

しかも、この国は、30代後半以降になると、
よほどのチャンスとスキル、実績がないと転職が難しくなる。

となると、「復職力」プラス「複職力」が必要なんじゃないの?
こっちがダメなら、こっちというようなリスクヘッジを考えた、キャリアの持ち方。
もう、ある仕事に「殉職」する時代は、とっくに終わったと思う。

もう少し、みんなが、柔軟に生き方を考えるべきだし、
子どもたちは、「親や、教員が言っていることは本当なのか?」
と疑ってもいいくらいのように思う。

先ほどの漆校長の記事の最後にこんなエピソードがあった。

中央酪農会議と電通とのコラボでCMを作ったときのことです。審査に来てくださったクリエーターの方が私にささやきました。「先生、あの班に才能ある子がいますよ」と。「どんな才能ですか?」と聞くと、真顔で「くだらないことを次々と思いつく才能です」とおっしゃいました。

これにははっとさせられました。そういう子は学校では授業中に不規則発言をして、叱られる対象になりがちだからです。興味を持って調べてみると、成績的には最下位に近い子でした。
(中略)
学校は10教科くらいで成績がつきます。それが全部苦手だと自己肯定感まで低くなってしまうことがあります。しかし、社会に出れば「くだらないことを思いつく」ことも才能なのです。「社会に出れば100教科」それを、こうした体験の場で伝えていきたいと思っています。

学校が、決まった「教科」や「テスト」で、生徒を測る。
これによって、日本は、大切な人材を、大きく失ったかもしれない。

子どもは、どんなスキルを磨くべきかー
これから、AIの方が、現代のニーズを知っている訳だから
よっぽど、その子にとって、参考になるかもしれない。








neco5959 at 11:59|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

AIと小説

引き続き、AIと文学ネタ。

AIを使って、小説を書くことが話題になったことがあったが、

100年後、小説家はいらなくなるか? ――AIを使った小説生成プロジェクト「作家ですのよ」メンバーに聞く


AIによる小説生成を実現させた「作家ですのよ」プロジェクトの中心人物である

松原仁教授(はこだて未来大)のインタビュー


2016年、星新一賞へAIを使っての小説を創作・応募をしている。

小説もAIが書く時代になるのか、ということで話題になったが


星新一賞を企画する、星新一次女の星マリナさんの視点というか、

「星新一」のコメントも面白い。


星新一いわく、SFの発想を得るひとつの方法は、昔のもの(江戸時代の古道具など)を見て、それが使われた当時の様子を想像すること。それから、その想像を未来のほうに逆転させるのだそうです。遠い未来の人は私たちの生活をどう想像するだろうかと……。過去をじっくりと見つめ、そしてうしろをふりかえると、そこには未来人の眼が!? 普段使わない部分の脳をパチパチと活性化させて書いた小説。たのしみにお待ちしております。

2017年5月14日 星新一次女・星ライブラリ代表:星マリナ

            (日経 星新一賞サイトより)


>江戸時代をみて→当時の様子を想像→未来の方に逆転させる。


>過去をじっくりと見つめ、そしてうしろをふりかえると、そこには未来人の眼が!?


過去を考えていることが、未来を考えることにつながっている。

私たちは、現在を、未来のための活動として活動をしている。
未来予測や、中長期計画を立て、そこから、逆算して、「今」を決めている。

現在を作っているのは「過去」のはずなのに、
「過去」が過ぎ去ったこと、忘れてよいことのようにも扱われる。

「過去」が現在で、「今」が未来だった時があったはず。

私たちが「過去」を見つめるということは、
どういうことなのだろう?と改めて思う。

こうした視点のずらしの姿勢から何か見えてくることがあるように思う。
(まとまりがつかないが、、、)
_SX347_BO1,204,203,200_




neco5959 at 18:25|PermalinkComments(0)

AIと日本語学

illust3607
前回、古典籍のくずし字のAI解読の話を書いたが、
「日本語学」や「日本語文法」も、AIと非常に深い関係がある。

VRアプリ開発やAI技術研究をおこなっています。という「Vrai Blog」の、
物語テキストから動画自動生成テストの技術的解説

桃太郎の物語(テキスト)から、AIを作って動画を作る説明。
課程としては、

■テキストの準備
■テキストの分割(1文単位)
■述語項構造解析(述語項構造を解析)
(日本語構文・格・照応解析システム KNP - 京都大学 黒橋・河原研究室
http://nlp.ist.i.kyoto-u.ac.jp/index.php?KNP を利用)

■実行時処理(登場人物のキャラクタを用意し、テキスト一文毎に、登場人物の登場や動きに合わせて、キャラクタを動かす)


動画作成・動作確認

■問題の原因・形態素解析
■問題の原因・主語の省略
■問題の原因・常識による判断

という流れと認識しました。

以上が前提ですが、
私が「面白い」と思ったのは、
AIに、”正しく”処理(キャラクタの動き)をさせるためには、
テキストについて、日本語の品詞分解を行い、
正しく名詞あるいは、助詞等としてAIに認識させるようにしなければ
ならないということ。

もちろん、AIですから学習をしていくのだと思いますが、
その過程において、日本語の特性(主語を省くことが多い)など、
気が付かねばならない、気をつけなければならないことがあるわけだ。

そうであれば、「日本語文法」の研究や、学習の動機付けに利用できそうだけど、
当分、普通の中学校とかは、そんなことには手を出さないだろう。

「N高等学校」とかで、「ゲーマー」になりたい子たちだったら、
そういうアプローチをしているかもしれないなぁ。


ま、ともかく、上のブログに張り付けてある動画、面白いので見てみてください。



neco5959 at 17:16|PermalinkComments(0)