就職

2019年03月21日

業務と業務の狭間ーニッチな案件の対応について

illust4006

下記ツイートが、私にしては結構インプレッション数が多かったので、
前職で、大学広報の部署が長かった経験から、書いてみる。


だいたい、大学の「広報」というのは、大学の「窓口」であるので、
いろんな人からいろんな話が、飛び込んでくる。
もしかしたら、「企画の部署」とか、かもしれない。

学内(教員から、他部署の職員から、学生から)
学外(高校、地域住民、自治体、同窓会、取引先、他大学、メディア)
問合せが来るのはしょっちゅうである。

ただ、やっぱり、広報は、きれいに割り振れないような、
もっというと、他部署では受けたくないような、過去に事例がないような問合せや
依頼が降ってくるのも確かである。

特に震災を過ぎたあたりから、そういう案件がぐっと増えた気がした。

それは、「広報」の部署だけで済む話でないこともあり、
協力を他部署に依頼する場合もあるのだが、その時の態度が非常に冷たいことがよくある。
”業務範囲なのに押し付けられた-”という吹き出しが見えるような。

飛び込み案件だけではない。
特に、地域連携関係の案件なんて、地域連携部署ですべて対応できるわけではない。
総務、就職、広報、教員も絡む。
地域絡みの案件であれば、イベントが、アフター5なんて、よくあること。

でも、想像力を働かせれば、
当然、地域活性化につながることはもちろん、
大学のメリットとしては、
学生の教育の場、就職先、もしかしたら受験者の確保にもつながるかもしれない。
競合先の大学の最新動向を教えてくれるかもしれない。
お互いのメリットを考えながら、行動をすることで、見えてくるものがある。
まさに「パブリック・リレーションズ」である。

私自身は広報の専門職だったが、部署のローテーションは、本来はそういうところで、
様々な経験やスキルが生きるときがあるのではないか。

(そういう意味では、「広報」スキルやマインドは、他部署にいったときにも
大いに生かされるべきだと思うのだが、
一般的に言って、別部署に元広報職員が異動すると、急に情報発信をしなくなる場合が多い。
「お前が言うな」って、いうことなんだろうか。)

これらは、従来のサービスに当てはまらない
隙間や、ニッチなところから発生している案件なんだろう。
それが増えてきたということは、そこが新しい時代の萌芽かもしれないし、
早く気づくことで、本当は、他の大学、団体を先んじることができる。

物事は「現場」で動いている。





neco5959 at 23:32|PermalinkComments(0)

2018年01月29日

大学職員になりたい新卒者へ

新卒者で、大学職員希望者が結構多いのだという話はよく聞く。
どんな理由なんだろう?

学生や高校生とかかわる仕事をしたい。
アカデミックなイメージ?(本に囲まれるの好き)
楽なイメージ?(長期休暇結構取れそう)

そういう意味では、今は、職員が学生とかかわる場面は多く、
オープンキャンパスの企画とか楽しそうに見えるかもしれない。
実際、キラキラしている憧れの職員は多いのかもしれない。
そして、「早く帰っている」職員も、学生は多く見ているに違いない。



でも、下記は押さえておいた方がよい。

・ますます18歳人口は急減し、大学は、競争のため入学者定員確保が難しく、
非常に経営が厳しくなること→教職員の労働環境にしわ寄せがくる。

・普通大学は、ローテーションがある。
だから「学生と接する部署」を希望しても、何年も配属されないこともある。
学生募集の部署は、実質「営業」である、高校訪問もある。
(これは、大学以外の組織にも言えること)

・教員と職員に、大きな溝があることが多い
(実質的には、教職協働ではないことが多い。)

・土日は休みではないことが、よくある(ただ振替休日は、いつかは取れるはず)

そして、特に下記だけは最低限チェックしてほしい。
「定員と志願者数、入学者数を比べてほしい。充足しているか」
(できれば過去5年)



でも、
大学は未来の日本、社会を作る人たちを育てるワクワクする場所で
本当は、学生の頑張る姿を応援したくなるし、
その学生の姿に、自分も頑張りたい、という好循環が生まれる、ような
場所なはず。

そして、卒業しても、ほっと戻りたくなる場所なはず。

そういうふうになる努力を、大学はもっとしないといけない、よね。





neco5959 at 01:21|PermalinkComments(0)